PCを組むよ(3 組んだよ

ということで組んじゃいました。

CPU:Ryzen7 3700X
クーラー:Noctua NH-D15
MEM:16GB@DDR4 3200MHz
M/B:ASUS TUF B450M-PRO GAMING
グラボ:GTX670@使いまわし
ケース:Thermaltake LEVEL 20 VT
電源:Seasonic FOCUS SSR-750PX
ストレージ:SATA SSD2台@使いまわし
PCIe補助電源延長ケーブル少々

自作は久々すぎたので、ある程度念入りに最近の注意事項を調べたものの、昔ほどにはあれがダメこれがダメって制約もない感じでサクッと組んでサクッと稼働しちゃいました。

電源は750Wもいらないのだけど、Amazonを物色していたら何故か650Wより750Wのほうがお安いのを見てポチー。ポチったあとに再度見てみると値段の逆転が元に戻っていました、なんじゃこりゃ。まあちょっと安かったからオッケー。
電源は一般的に最大負荷の50%付近が最も効率がいいので、750Wなら375W付近となる。GTX670が最大で170W程度のCPUが定格65Wくらいのぶん回して80Wとかで、やっと250W。ほか細々足しても300W行かないくらいなのでかなりの軽負荷ですねぇ。まあ80PLUS Platinumだし気にしたものでもないかな、今後ちょっといいグラボ積むための余裕としておきましょう。
電源付属のケーブルの、特にPCIe補助電源はパスコンかフェライトコアがコネクタ付近に抱かせてあるようで取り回しが非常に悪く、追加でAntecの柔らかい延長コネクタを用意しました。あのカチカチなケーブルはいかんと思いますよSeasonicさん。

Noctua NH-D15はファンが2個ですけど片方はケースファンに流用してNH-D15Sとして運用。NH-D15とNH-D15Sの実売が1000円も変わらなかったので、実質あのお高いNoctuaFANが数百円で手に入った。

BIOS(って今は言わないね)設定はメモリのXMP読ませたことと、CPUとメモリ電圧をマイナス側にオフセットしたのと、ファンコン設定。いじるところが少ないのは楽でいいやら寂しいやら。オーバークロック頑張るCPUでもないしねえ。

ケースファンは前面にデフォで付いている20cm(吸気)に後部NH-D15流用の14cm(排気)、下部に12cm低速二発(吸気)として正圧で上方に気流が逃げるように意識したものの、このケースはなかなか気流を制御するのは難しめ。あまり思ったとおりにはならなかったし、下部の吸気は上部の排気へ持っていったほうが良かったかもだけど静かによく冷えているからまあいいかな。

んで、フォトレタッチやらRAW現像が驚くほど早くなってサックサク。これが9年の差か。あれこれいじってもすべてリアルタイムに反映されてしまうすごい!前なら待ち時間が生じたんだけどね。
CDのリッピングも大量に同時処理できるからこれまた早い!手持ちのCDを取り込むのが億劫になっていたのでGW辺は暇つぶしにいいかも。

とりあえずリプレースは成功。これでずっとトラブルなく使えたらいいなー

_DSF2834.jpg
4面ガラス張りなのでスッケスケ、でも光り物は一切ナシ。夜に処理しながら電源そのままにして寝るときに光っていると邪魔くさいからね。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Corsola

Author:Corsola
いつもきまぐれ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR