12B4A全段差動アンプ(11 最終特性と反省会

_DSF2831.jpg
ヒーターの明かりが綺麗です

12B4A_Amp.png
最終アンプ部回路図

12B4A_Pow.png
最終電源部回路図


仕上がり利得
Rch:5.74倍
Lch:5.77倍
出力管の組み合わせを変えて利得を揃えました。音量的にボリューム10時~12時くらいで丁度いいです。

周波数特性
freq_end.jpg
肩特性はFE-25-8のおかげでとても素直だと思います。
早くに減衰しているカーブはデジタルノイズ用のLPFをONにした場合です

方形波特性(8Ω抵抗負荷)
R01.png
Rch100Hz
L01k.png
Lch100Hz

R1k.png
Rch1kHz
L1k.png
Lch1kHz

R10k.png
Rch10kHz
L10k.png
Lch10kHz

R100k.png
Rch100kHz
L100k.png
Lch100kHz
周波数特性をしっかり測っているのであまり意味は持たないですがせっかく測ったので一応。上が入力方形波で下が出力。入力波形がやや崩れ気味なのはプローブとファンクションジェネレーターのマッチングが悪いだけなので気にしないで。

歪率特性(前回のそのままのデータ)
disRk.jpg
Rch
disLk.jpg
Lch

雑音特性
Rch:180μV
Lch:183μV
雑音特性は歪率の1kHzの値から算出した値です。


反省会
当初のテーマ
1)出力管は12B4A
ようやく10本あった12B4Aを使ってアンプを仕上げきりました。手に入れてから15年越しくらい。構想だけなら2年かな。予備球もあるししばらくこれがメインシステムです。

2)手元にある資材を最大限活用する
出力トランスは20年前くらいに買ったもの。部品もできるだけ手持ちのものをやりくりしました。それでも結構買わなきゃいけないものが多かったです。ケースが一番高くて次は電源トランス。その他あれやこれやと総額3万円くらいかかっちゃった。

3)長く使えるものをつくる
筐体内温度や出力管の動作点的には問題ないかな?
ケミコンもすべて105℃の長寿命品など(ニッケミKXJとか)を選んでみたりと、テーマに沿って高耐久とか(もし何かあっても入手が容易な)一般品を多用する方向で作成しました。

4)物理的な特性はできるだけ良く
測定技術が未熟なのであまり自信がない。この数値を信じるならなかなかのもの?この結果が大変よろしいとのことなら原典であるぺるけさんの設計が良いからでしょう。

聴感
バスブースト回路の有無は設計の最後まで悩みましたが、出来上がってみると十分な低音が出ています。12B4Aの内部抵抗の低さや出力トランスのおかげかな?試作当初はどこか落ち着かない音でしたが、実験や試聴を繰り返しているうちにこなれてきたのか、今はとても落ち着いてどっしりとした音になりました。ボーカルも明瞭、高音部の広がりもいい感じ。
ヘッドフォン出力部のアッテネータは4.7Ω+4.7Ωにしたけども、もう少し音量が下がる組み合わせでも良かったかなと感じます。
とにかく聴くのが楽しくて最近聞いていなかったCDを引っ張り出してきてみたりとちょっと寝不足気味です。眠っている父親所有のジャスのLPを奪って再生してみようかしら。

失敗
・興味本位でポリウレタン線を購入してみたけどハンダをはじいてダメダメ、ぺるけさんの言う通りただの銅針金がいちばん良い。ここまで実験でわかっていたのだけど本番でこれを取り違えてうわっ私はんだ付け下手すぎ?あ、これポリウレタン線じゃん・・・
リカバーが大変だったし熱をかけた半導体に影響がないかと心配でした。

・電源部の組み立ての際にFETのラグ穴を一個ずれたままはんだ付けしていて、気づいたときにどひゃーとなりました。通電試験前にじっくり確認したのが功を奏して事故が起きる前に気づけてよかったですけど、修正はなかなか大変でした。

・あるあるですけどドリルが滑ってケースのお肌に傷が。ショックですよね。他にもいくつか目立たない傷や、工作精度の悪さで穴位置がずれたりしています。ボール盤が欲しくなるけどこれを作るためだけだとコスパ悪いし・・・

・トグルスイッチは廻り止め穴設けず、付属の菊座金で大丈夫!丁寧なつもりで穴をあけると見栄えが悪くなります。

・抵抗の発熱は甘く見ないこと
カソード共通抵抗が片側4.3W程度発熱することを見越して20Wクラスのセメント抵抗2本ならぬるく行けるんじゃ?とデータシートとにらめっこしたものの実装したらやっぱり熱い!そりゃそうだ、大型抵抗だと熱が出ないとか物理法則に反するよね。
当初の配置だと熱がこもりそうだったのでできるだけそうならない位置に設計変更するはめに。穴もいっぱいあけることになりました。出力段のカソード抵抗電力が大きくなりがちな出力管の採用はぺるけさんのミニワッターにするなら色々考えないといけませんね。(そりゃそうでしょ!ミニワッターなんだもの普通はそこまで熱でないよ)

・トランスの角穴あけにリューターと切断砥石を用意してみたけれども結局ドリルで穴あけしてニッパで齧ってヤスリのほうが早かった。リューターはちびちびと細かい作業以外だめですね。大穴のコバ磨きにはめちゃくちゃ役に立ちましたけども。

いろいろと時間がかかりましたが満足行くモノになりました。
12B4Aはヒーターの明かりもよく見えるし小さくて可愛くて良い球だと思います。
今回の工作でちょっぴり疲れたのでもうしばらくはアンプづくりはしません。
と思いつつ次はDACでも作ろうかな?と考える自分が居ます。いやLPのためにイコライザを作る?

最後に、これを作成するにあたって初段回路のFETはバイアス特性が良く揃った選別ペアであることが前提になっています。これを自分で選別するには数百単位でFETを買い込まなくてはなりません。(それだけばらつきが大きいのです)そんな投資や手間をかけることなく、選別済みのものを頒布くださったぺるけ様とそのご家族に感謝いたしております。ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Corsola

Author:Corsola
いつもきまぐれ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR