私とキーボード

初めてPCを自作したのはたしか1998年頃だったかと思います。
ケースはSONG CHEER TQ-700mkIIにマザボはAopen AX6BCにCPUはCeleron300Aと当時の定番の組み合わせでした。
キーボードはバルク売りされていた中華製の700円程度のもので、当時も今も型番すら把握していなかったような品でしたが、こいつがなかなかのキータッチで不満もなく長らく使い倒した記憶があります。強いて言えばちょっと固めのフィーリングなもののスコスコ打てる感じとグラグラしないキートップでホントこいつにはお世話になったなあって今でも思います。

んで、だんだんキートップもいい加減に黄ばんできて見た目もよろしくなくなった頃、その頃に流行っていたパンヤというゴルフなネトゲがあったわけですが、こいつのショットゲージはキーボードであればスペースキーで始動・決定を行う仕様でして、最適なショット、ゲーム内で言うところのパンヤを出すにはキーボードのフィーリングが問われるなぁと個人的には感じていたわけです。
先に述べたようにやや固めのフィーリングでしたので、まあ普通にショットを打つ分にはさほど困ることもなかったのですが、コマンド入力が必要なショットにおいてはその固さがやや裏目に出るような気がする...あくまで気がするなのですがもっとパンヤ出したい!という欲求から私のキーボード探しの旅は始まった気がします。
先日のマウスよろしく怪しげな中古PC店勤務でしたので、キーボードもこれもらっていいっすか?で大抵は持ち帰ることができる環境だったわけですが、マウスのそれとは違いキーボードは手に馴染むというよりはキーの押し具合がしっくり来れば良いのでありとあらゆるメーカー標準付属モノを試したりして、今日は富士通のマルチメディアなこいつにしようとか、今日はNECのちょっとゆるいやつを使う気分だななんてやっているうちに、全ては手元のキーボードがいけないからいいショットが生まれないんだァ!みたいなちょっと何でもモノのせいにしないでくださいよってな精神状態となってしまったのであります。
いや特に病んでいるというレベルまで堕ちたわけではないんですけど、これではいかんよなーリファレンスじゃないけど標準を定めてそれを基準にパンヤ出るようにしないとなー安定しないもんなーってことで一つに絞ることを決意。
手元のキーボードをいろいろ試していくうちになにか一個に突き当たったと思うんですが実は全く記憶にない。
唯一その時に最終候補だったサンワサプライのコンパクトなやつが今でもうちのオヤジのPCに接続されて現役で活躍しているのを見てはパンヤでキーボードとっかえひっかえしたのも若気の至りだったかな...などと当時を回顧させるキーアイテムとなっております。
最終は何に決めたのかは覚えていませんが、もらってきたキーボードでは飽き足らずにメカニカルなやつだとか量販店で投げ売りされているようなやつだとか色々触っていくうちに、キートップがぐらつくやつだけはダメだというまあ当たり前な結論には達していた気はいたしますね。

そんな選定のされ方をされたキーボードも労いのビールを飲まされて機嫌が悪くなり、新しい移住先は何にしようかなーでとりあえず豪華なのにしよっか!で選んだのが東プレのSJ38D0、Realforce108USとかって名前のヤツですね。
今も昔も猫も杓子も東プレサイコー!的なレビューに踊らされて買ったわけですが、使ってみるとなにこれ普通。
特に心躍るなにかもなく入力装置としての仕事だけを淡々とこなす面白みのない存在だったわけです。
でもしばらく使っていくうちに、まてよ?この感じどこかで... ああ一番最初に自作したときの中華キーボードの固さを取った奴だわ。
つまり初恋の相手と瓜二つところかスペックアップして戻ってきた!なんて素晴らしいのでしょう。
東プレの良さは普通だということに尽きると思います。※個人の感想です
長らく使ってもその打鍵感は変わらず、特に何かが消耗してプラの擦り合わさるような音を出すこともなく、すべてのキーの押し心地は均一で...と日本人が追い求める工業製品としてのそつのなさというのでしょうかね、それがRealforceの魅力なんじゃないかと私は思います。

そんな私も怪しい中古PC屋で年始早々社長と大喧嘩をして退職し別会社で働き始めた頃、会社で充てがわれたPCがLet'snoteのCF-SX1だったかでしたが、こいつを8年ほど使ったある日あれこのキーボード実は心地いいんじゃ...と急に覚醒?いや覚醒じゃないね恋心?でも家にはRealforceが居るから浮気心でしょうね、がムクムクと沸き起こりこれが外付けキーボードとして存在したらどんなに良いことか!んで、外付けで使える改造方法ないかなーちょっとくらいはんだ付けやプログラムしたって良いぜー?なんて調べていくうちに一部でサンワサプライのSKB-18BKNとか良いぜー?的な記事を見つけてしまったわけでして、今この記事はそれで書いてみたりしているのですが、たしかにLet'snoteのキーボードライクではありますよ、でも押すキーによってプラが擦れるようなキュッキュした音が鳴ったり鳴らなかったり、Kキーは妙に引っかかりがあるというかパンタグラフのプラになにかミクロンの世界でバリでもあるのかなとか、でもエンターキーはスコっと気持ちが良かったりしてバラバラなんですよね。個体差もあると思いますけど。
熟れるまで使ってやれば多分こいつも良いキーボードだったぜって思えるポテンシャルは感じるんですが、いかんせんRealforce相手では分が悪かったようで、そりゃそうですよ方や2万円もう方や実売2千円ですから、お前は何を言っているんだって言われてもゴメンそうですよねとしかお返しできないのですが、そんな隔たりがあるわけです。これを書き終えたら妻(Realforce)の機嫌を取らなければならないような気がしております。
ということでお高いのですけどRealforceはなんだかんだで安定してて最高なんだなって思ったわけであります。
Let'snote純正のリーフ形状キーのそれもめちゃくちゃいいと思います。外付けで使いたいくらい。

蛇足ですけど、いろいろなキーボードをとっかえひっかえした経験でいうとスイッチの種類などで決めつけてしまうような、例えばメンブレン(というかラバードームですかね)は悪みたいな凝り固まった考え方で居ると人生をちょっとだけ損するかもしれません。あくまでちょっとですから最後にああいい人生だったな!と思えるかどうかのファクターには全く絡んでこないですがね。何軸使っているからとかレビューで絶賛されているからとかはあくまで参考でしかなく、最終的には自分で触って感じてみないと特に入力デバイスの良し悪しはわからないものだなあと思っております。でもおいそれとキーボードを買っては合わないからヤフオクに放流なんてことを続けるのもそれはそれで人生を損するわけですし、あれ、じゃあやっぱり結局はスイッチ指名買いしとけばある程度のあたりに突き当たるんじゃ...ということでRealforceはホントつまらないです。でもあの普通さは最高。とりあえずRealforceにしておけば細かい仕様の差異はあるにせよ一定の品質は高いレベルで担保されるのですから大枚はたいて買うだけの価値はあると思いますが、とっても普通なキーボードですから人によってはこんなに高いのに何だこれは!って怒っちゃうかもしれません。
何においても完璧ってものはなくて、その品物の特徴が自分が気にしない領域、もしくは気にする領域にどれだけ掛かってくるかを見極めるのが大事なのではないかと悟ったフリをしてみたりしています。
応用で色んな人の求めているものそうでないものがちょっと垣間見える時があって面白かったりしますね。
スポンサーサイト



マウスと私

放置も甚だしいので思いついたネタでも

昔々今よりもネトゲに費やす時間が多かった時期がありまして、特にROなんぞでマウスでポチポチクリックしまくってマイクロスイッチをすぐヘタらせることが特技ですとも言えるような頃はよく手首が腱鞘炎になって困り果てていたものでした。
もちろんネトゲ何ぞすっぱりやめてしまえばそんな悩みもなくなるわけですが、ネトゲ内部での人との交わりやゲーム自体の魅力を早々簡単に放棄できるわけもなく「そうだ、手に合うマウス探せば良いんじゃね」という思考に至るわけでございます。

当時はクソ怪しい中古PC販売店に勤務していたこともあり、下取りや廃棄依頼でじゃんじゃか古いPCに付属してマウスが会社へ持ち込まれるわけですが、会社も興味があるのは整備して中古として販売できるPC本体でマウスやキーボードはゴミ扱いでしたので、一言これもらっていきますね?といえば大抵の品物は譲ってもらえるような環境だったこともあり、おっこれいいじゃないか!と思うものは片っ端から持ち帰っては一人マウス品評会を重ねた結果、お眼鏡に合うマウスは一つも出てきませんでした。
そりゃそうですよ持ち込まれるのは大抵業務用のPCなわけですからそれに付属しているマウスなんてミツミのECM-S5001系のOEMか、それを中華がパクったんじゃね?って言うような出どころの怪しいものだとか、マイクロソフトのエクスプローラー系の古いやつだとかと、いわゆるエルゴノミクス的なモノは皆無で年に一品程度、形状は素晴らしいかもしれないけど外装はボロボロかテッカテカになるまで使い込まれた歴史を感じさせるやつしかないわけです。
え?じゃあなんでお前そんなダメそうなマウスを片っ端から貰って帰っていたのかってツッコミもあるかと思いますけれども、それはアレですよ万に一つ手に馴染む奇跡を信じて可能性はゼロではない!無限だ!なんていつもマウスを持ち帰る変な人と思っていただろう同僚に言い訳をしていたような記憶もあったりしますね。

そんなこんなで時折訪れる腱鞘炎と戦いながらネトゲに勤しんでいたのですが、ある日近所の量販店で見つけたマウスに衝撃を覚えたのであります。そいつの名は「Microsoft Wireless Laser Mouse 6000」
いや似たような名前でいくつか種類があるんですよ、たしかMicrosoft Wireless Laser Mouse 7000は充電ステーション付属で電池室にバルクな黄緑の充電池がはいっていたやつで最初に買ったのはたしかこっち。後続でV2.0が出てそちらは充電ステーションの無いMicrosoft Wireless Laser Mouse 6000を購入。こちらは普通に電池を取り替えて使うタイプでしたが形状は一緒。更に後続の製品が出たもののそれはマウス自体の形状が変わってしまって萎えたので買わずじまいでしたね。この7000及び6000に手を載せた時のハマり具合が絶妙でゲームの起動なんか忘れていつまでも無駄にマウス操作をしたくなるくらいの感動を覚えたものですが、最強の握り心地もちゃんと弱点もあるものでして、まずはMicrosoft Wireless Laser Mouse 7000の充電ステーション、これはホントだめでした。マウスの自重で充電端子と接触するのですけれども、こいつの接触があまりにもお粗末で一日使い終わってステーションにセットして寝て起きてみると充電がなされておらず、仕方なく内蔵の充電池と普通の単4電池を取り替えて使ってみるも電池の消耗が結構激しいもので月2回は電池を取り替える羽目になり、充電ステーションでの充電運用に戻してセットした上から重しを載せてとか、ニッケル水素電池だからエネループでもいいんじゃね?ってことでエネループの単4充電器セットまで購入して電池をローテして使ってみたりとまずバッテリー問題には相当泣かされましたね。また古き時代のワイヤレスあるある2.4GHz帯の無線LANと干渉しているのかカーソル動かねぇぇぇぇぇ!!!が起きたり、外装のコーティングが割と貧弱なため開封後2年経たずにボロボロと剥がれ落ちてきて見た目が非常に汚らしかったため外装を#1000の紙やすりでやすったりと涙ぐましい努力をしながら使い続け、気づけば同形状のマウスが手元に3台まで増えて、もう一生をこいつと添い遂げるんだくらいの覚悟があったのですが、やはりモノは使えば消耗しますし、先に挙げた弱点も相まってそれからまた数年後には自分に合うマウスを探す難民となっていたのでした。
今でも手元にあるMicrosoft Wireless Laser Mouse 6000を握ってみるとあーこれこれこれなんだよこれぞ最強の握り心地だぜと思う反面、重量や形状的にはゲームには向かないような気もするけどやっぱり握り心地が良いからこれでゲームしたら快適なんだよなあ、中身HackしてUSB有線マウスに改造できねえかなあ?なんて思い悶々してしまいますね。

それはさておき難民となった私は新たな新天地を探すわけですが、エルゴノミクスだのゲーミングだのいろいろなマウスを試すもどうもダメ、手に合わない、ボタンのフィーリングが合わない等のダメダメダメが続き、ああこのまま放浪難民のままMicrosoft Wireless Laser Mouse 6000と暮らした幸せな日々をおかずに冷飯を食べる暮らしが続くんだろうなあと覚悟していたわけですが、ある日気づいてしまうのです。薬指と小指を置くところがあるマウスが自分にとって最強なのでは!
つまりIKARIですよ、SteelSeries Ikari Optical でしたっけ?こいつは買ったことないのですがまあこういう形状を選べばもしくは幸せに暮らせるのかもしれない。
そこで見つけたのがMIONIX Naos7000でした。ちょうど日本で出回り始めた頃だったようで微妙に入手が難しかったような記憶もありますが、こいつに手をおいてみるとおお!Microsoft Wireless Laser Mouse 6000ほどではないが良いぞこの感じ!亡き妻に未練を感じつつも新たな伴侶を得て人生第二の幕開けを予感したわけでございます。
有線なので電波干渉でイライラする事もないですし無駄に機能盛り盛りなので今日は内蔵LEDをオレンジにして使っちゃうゾ!なんてウッキウキでしたが、やはりありました弱点が。
センサーのチューニングに力入ってそうな割にトラッキング性能が微妙な時があったり、やっぱり外装のコートが剥がれてボロボロで汚らしくなってしまったりと。前者のトラッキングについては多分リフトディスタンスの設定をほぼ最下限にしていたのでセンサーの読み取り性能をナーフしてしまっていたような気がしますが、外装ハゲはちょっとなぁ。あと樹脂パーツの境目に手垢が入り込むので清掃してあげたいけど分解するにもネジがすべてマウスソールの下にあるためソールを引っ剥がしてやらないとならないわけですけど、こいつを再利用しようとするとこじった時についた微妙な変形がフィーリングに不快な影響をもたらすわけでして、交換用のソールも売っているんですが割と入手難だったりで、そうだよなぁ美人で可愛い妻を娶ったけど全てが完璧なんて世の中ないんだよなあと悟りを得たりしたわけでございます。
そんな不満を抱きつつもNaos7000→Naos8200→Naos7000と使い続け、途中からは外装ハゲについてはいつの間にか改善されたのかハゲなくなり無駄にリフトディスタンスを下げ過ぎなければトラッキング性能も十分だしと現在は4代目Naos Proが私の横で可愛らしくご主人の操作を待っているそんな状況でございます。
でもやっぱり組み立てネジはソールの下で樹脂パーツの境目には手垢が入り込むのでそこはなんとかならないかなあ?と思いますし、あとちょっと背は低くしてくれたほうが日本人向けかなとも思いますね。

corsola_m-1461877490696134658-20211120_110208-img1.jpg

PCを組むよ(3 組んだよ

ということで組んじゃいました。

CPU:Ryzen7 3700X
クーラー:Noctua NH-D15
MEM:16GB@DDR4 3200MHz
M/B:ASUS TUF B450M-PRO GAMING
グラボ:GTX670@使いまわし
ケース:Thermaltake LEVEL 20 VT
電源:Seasonic FOCUS SSR-750PX
ストレージ:SATA SSD2台@使いまわし
PCIe補助電源延長ケーブル少々

自作は久々すぎたので、ある程度念入りに最近の注意事項を調べたものの、昔ほどにはあれがダメこれがダメって制約もない感じでサクッと組んでサクッと稼働しちゃいました。

電源は750Wもいらないのだけど、Amazonを物色していたら何故か650Wより750Wのほうがお安いのを見てポチー。ポチったあとに再度見てみると値段の逆転が元に戻っていました、なんじゃこりゃ。まあちょっと安かったからオッケー。
電源は一般的に最大負荷の50%付近が最も効率がいいので、750Wなら375W付近となる。GTX670が最大で170W程度のCPUが定格65Wくらいのぶん回して80Wとかで、やっと250W。ほか細々足しても300W行かないくらいなのでかなりの軽負荷ですねぇ。まあ80PLUS Platinumだし気にしたものでもないかな、今後ちょっといいグラボ積むための余裕としておきましょう。
電源付属のケーブルの、特にPCIe補助電源はパスコンかフェライトコアがコネクタ付近に抱かせてあるようで取り回しが非常に悪く、追加でAntecの柔らかい延長コネクタを用意しました。あのカチカチなケーブルはいかんと思いますよSeasonicさん。

Noctua NH-D15はファンが2個ですけど片方はケースファンに流用してNH-D15Sとして運用。NH-D15とNH-D15Sの実売が1000円も変わらなかったので、実質あのお高いNoctuaFANが数百円で手に入った。

BIOS(って今は言わないね)設定はメモリのXMP読ませたことと、CPUとメモリ電圧をマイナス側にオフセットしたのと、ファンコン設定。いじるところが少ないのは楽でいいやら寂しいやら。オーバークロック頑張るCPUでもないしねえ。

ケースファンは前面にデフォで付いている20cm(吸気)に後部NH-D15流用の14cm(排気)、下部に12cm低速二発(吸気)として正圧で上方に気流が逃げるように意識したものの、このケースはなかなか気流を制御するのは難しめ。あまり思ったとおりにはならなかったし、下部の吸気は上部の排気へ持っていったほうが良かったかもだけど静かによく冷えているからまあいいかな。

んで、フォトレタッチやらRAW現像が驚くほど早くなってサックサク。これが9年の差か。あれこれいじってもすべてリアルタイムに反映されてしまうすごい!前なら待ち時間が生じたんだけどね。
CDのリッピングも大量に同時処理できるからこれまた早い!手持ちのCDを取り込むのが億劫になっていたのでGW辺は暇つぶしにいいかも。

とりあえずリプレースは成功。これでずっとトラブルなく使えたらいいなー

_DSF2834.jpg
4面ガラス張りなのでスッケスケ、でも光り物は一切ナシ。夜に処理しながら電源そのままにして寝るときに光っていると邪魔くさいからね。

PCを組むよ(2 構成案

CPU:Ryzen7 3700X
MEM:16GBくらい
M/B:mATX B450チップ
グラボ:GTX670@使いまわし
ケース:Thermaltake LEVEL 20 VTとか
電源:Seasonic FOCUSシリーズとかそのへん
ストレージ:SATA SSD2台@使いまわし

CPUはRaw現像とかを見据えて、でも熱はあまり出したくないぞ!だから65Wならこれかな?というチョイス。3600や3500でも良いんだけど悩ましい。
メモリは正直こんなもんで十分です。
マザーボードはmicroATXなB450コントローラーで。拡張性に乏しくなるけれども昔みたいに拡張カードてんこ盛りは最近はしないし、サイズ重視でいくとこの辺になっちゃうかな?
ケースは寸法ありきです。正直シースルーじゃなくても良くて、同社Core V21でもいいかなーだったけどフロントUSBコネクタを欲張るとこっち。
電源は要なので定評のあるところを。長期の交換保証があるという所が良いよね。
グラボとストレージは使いまわし。OSはWindows10ProのOEM版を昨秋くらいに購入済み。

今も昔もパーツ構成悩んでいるときが一番楽しいよね。

PCを組むよ(1 テーマ

メインで使用しているPCはAthlon64X2からのリプレースで、i5-2500Kで組んでいよいよ9年ほどになります。

特段大きな不満もないままだったので使い続けていますが、
さすがに何かしらの変調をきたしてもおかしくなさそうな年月が過ぎています。
ケミコンの寿命が心配な電源やマザーボードだけ取り替えるという手もありますが、
ケースも煤けてきていますしここはエイヤとシステムを更新しようと画策しました。

テーマ
1)長くつかえるものを
すぐ壊れられても困ります。また10年くらい使えるPCにしたいですね。
光り物とかは不要で、実質剛健な構成でまとめようと思います。

2)CPUは今をときめく?Ryzenで
過去を振り返ると初の自作はCeleron300A、その後AthlonでGoldfingerいじって遊んで、
ノースウッドなPentium4を水冷したりしました。そこからAthlon64X2→i5-2500Kと変遷していますので順番通り今回はAMDのCPUで組みたいと思います。
特に縛りを設けているわけではないのですが何故かそんなめぐり合わせです。

3)そこそこコンパクトに
今のミドルタワーがなかなか邪魔なのでコンパクトにしたいなあとは常々思っていました。
特に高さは個人的な理由から低く抑えたいです。となるとmicroATXとかかな?

4)静かなPCで
P4までは爆熱轟音上等!なんて言っていましたが、Athlon64X2は熱くならず、結果静音になったため静音PC最高!と宗旨替えしてしまいました。当時はAntecのPhantom500とか、CPUクーラーもファンレス、グラボもファンレス運用にしてとにかく無音を目指しました。無音であることと排熱によるパーツ寿命はトレードオフなところもありますので、やりすぎても1)が達成できません。
そこそこ静かで熱対策はバッチリな美味しいポイントで作成します。

5)パーツはある程度使い回す
GPUは現在GTX670で、今で言うところのGTX1550くらいの処理能力はあります。(多分)
全体的なコストを抑えたいのでここはそのままとして、そのうち余裕が出てきたら換装することとします。といってもPCでバリバリ重たいゲームをするわけでもないので、最新のビデオカードは不要です。
ストレージもSSD2台+NASで十分足りているのでこのSSDも使いまわします。
電源は9年経過でヘタれていると思いますからここには良いのを奢ることにします。

6)RAW現像や星の写真のレタッチ作業を快適にする
RAW現像は結構時間がかかるのでこれを快適にするようなチョイスでCPUを決めようかな。

あともう半年も待たずに次の世代のRyzenも出てきそうな時期ですが、
新型コロナの影響やそもそも気が向いてしまったのでこのタイミングでやっちゃいます。


プロフィール

Corsola

Author:Corsola
いつもきまぐれ

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR